さまざまな化学変化 酸素は酸素原子2個から成り立つのに何

さまざまな化学変化 酸素は酸素原子2個から成り立つのに何。1。サラリーマンのサル(36歳)が酸素は酸素原子2個から成り立つのに何故質量を求める時に2倍しないのですかで資産5億円つくった方法のまとめ。酸素は酸素原子2個から成り立つのに、何故質量を求める時に2倍しないのですか 酸素は酸素原子2個から成り立つのに何故質量を求める時に2倍しないのですかの画像をすべて見る。さまざまな化学変化。このときgの銅と反応した酸素は何gか,求めなさい。 酸化銅でも
,たぶん,いろいろな化学反応の結果から,原子1個あたりの質量酸化銅Ⅰ
において,銅原子と酸素原子が結合するときの個数の比は2。1 である
発生した水素を水中に通すのはなぜか,正しいものをア~エより1つ選びなさい
。中2化学*原子1個の質量。この数値から水素原子個の質量と酸素原子個の質量の比を考えましょう。 この
ときこの反応を化学反応式で表すと + → です。 これをモデル図
に表しましょう。↓の図 モデル図に「水素?水」の

1. 酸素分子についてそもそも問われていない。2. 酸素分子の質量と、酸素分子を構成する酸素原子の質量は、そもそも同じである。以上の2点両方の意味で筋違い。「酸素は酸素原子2個から成り立つのに」ってそもそもこの部分おかしいです!酸素の通常形態は気体であり2原子分子で存在しますが酸素と言う”原子”はあくまで原子核はひとつで回りに8つの電子を伴うモデルです。「酸素原子」の質量を聞かれているのに、なぜ酸素原子の質量を2倍するのですか。意味不明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です