コラム:格差是正は喫緊の課題=ローレンス?サマーズ氏 』

コラム:格差是正は喫緊の課題=ローレンス?サマーズ氏 』。日本の中間層の没落は、価格競争で工場が低賃金国に逃避したからでしょう。たったの6分のトレーニングで2.2の』でなぜ景気が好転せずそればかりか好転の一部が中間層といった庶民が景気回復の恩恵を受けることが出来ない原因はお金の多くが大富豪や富豪達といった資本家達に独占しお金が下へと循環することができない原因だと取り上げていたのですが今の日本経済が好転せずそればかりか企業が内部留保したり大富豪や富豪達が国外に資産を移す行為はレフ?ニコラエヴィチ?トルストの名言を否定するような行動であり日本経済をダメにした『悪』そのものでしょうかが4.4まで上がった。富を独占する大富豪や富豪達とレフ?ニコラエヴィチ?トルストの名言について質問です

ロシアの文豪、レフ?ニコラエヴィチ?トルストが言った言葉、
『金は糞尿(ふんにょう)と同じだ 溜(た)めれば溜めるほど悪臭を放ち,
ばら撒(ま)けばばら撒くほど土を肥やし,新たな芽を生む 』
という名言を思い出しました
これは、金は貯めるものではなく,使うものだということを言い得ており、実りよい作物を得るには、お金をケチケチせずに積極的に使うべきという意味なのですが、ここで以下の質問です

1.NHKスペシャル『マネー?ワールド ~資本主義の未来~第1集 お金が消える 』で、なぜ景気が好転せず、そればかりか好転の一部が中間層といった庶民が景気回復の恩恵を受けることが出来ない原因は、お金の多くが大富豪や富豪達といった資本家達に独占し、お金が下へと循環することができない原因だと取り上げていたのですが、今の日本経済が好転せず、そればかりか企業が内部留保したり、大富豪や富豪達が国外に資産を移す行為は、レフ?ニコラエヴィチ?トルストの名言を否定するような行動であり、日本経済をダメにした『悪』そのものでしょうか

2.今の日本経済を好転させようとしない、政府や与野党、官僚、経団連は、レフ?ニコラエヴィチ?トルストの名言を当てはめるなら、お金を独占=悪臭そのものを放つ根本的原因でしょうか コラム:格差是正は喫緊の課題=ローレンス?サマーズ氏。なかでも最も重要なものは。全国民が受ける恩恵と比べ。特定の個人への富の
集中が加速したことだ。循環的な景気回復が実現したとしても。2020年末
までには。働いていない人の割合は。6人中1人となる見通しだ。際は。同氏
自身と世界中に広がるアップルの株主は富を手にしたが。米国の中間層には
あまり恩恵が及ばなかった。を犠牲にして最上位の一部が利益を得ていること
が。格差拡大の主因となっており。つまり。経済が好転すれば格差が

日本の中間層の没落は、価格競争で工場が低賃金国に逃避したからでしょう。それを偉そうに煽り立てたのは、直接的には貧乏神=竹中平蔵と糞マスコミです。こいつらの背後にいたのは米帝で、日米貿易戦争時代クリントン政権時代に米帝が自由貿易と市場原理主義と超円高を日本に強要し、中国の台頭を促したのです。低賃金国は、新興国として経済成長してますから、地球全体で見れば必ずしも経済が縮小した訳では無い。日本の中間層が没落して、替わりに新興国に中間層が生まれつつあるのだから、人類に貢献したと思って潔く諦めるのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です