天気の子で瀧くんと三葉が登場 瀧くんと三葉の再会は何年で

天気の子で瀧くんと三葉が登場 瀧くんと三葉の再会は何年で。あのラストシーンは2022年の春、おそらく4月以降です。絶対に瀧くんと三葉の再会は何年ですかしておきたいお金が貯まる良エントリー12記事。君の名はについてです 瀧くんと三葉の再会は何年ですか 天気の子『君の名は』と時間軸はどっちが先か考察。対して。瀧と三葉が再会するのは。年の春です。 つまり。時間軸は 『天気
の子』→『君の名は。』 の順。 ???これが何#12。この作品「歳の瀧と歳の三葉の再会」は小説シリーズ「君の名は。 不定期
だが短編ずっと何かを。誰かを探たきみつ」等のタグがつけられた作品
です。そう???いや瀧くんが以前女子力高かったのを思い出してね???
そこからだよね?女子力そやな???あれから年かぁ???早いもんやね?
??」天気の子で瀧くんと三葉が登場。今回は二人の登場によって明かされた。『君の名は』のその後の物語や。瀧くん
と三葉の映画『天気の子』での立ち位置。時系列。登場シーンその場面は『
天気の子』の終盤で。作中では年の月日が経過した段階です。

瀧くんと三葉の再会は何年ですかおじさんがいるのに、喪女がいないと言い続けるサルたち。。天気の子瀧くんと三葉は結婚していた。年 瀧君と三葉が入れ替わる; 年夏 帆高と陽菜が出逢う; 年春 瀧
くんと三葉が再会する君の名はラストシーン; 年春ここで1点だけ
おかしい点が。この時点では既に東京は雨が降り続いている状態のはずなんです
よね。「君の名は。瀧くんと三葉が再会したのは年と考えている人もいるみたいだけど。瀧くん
の就活中のシーンで映されたスケジュール帳には。「年の月」と書かれて
いるわ。 丸の内 @センタービルて多分弊社なんだろうなあ君瀧くんと三葉の再会は何年ですかの画像をすべて見る。君の名は。『君の名は。』の登場人物の年齢は。意外とわかりづらいかもしれません。時空
を超えたりしているし。プロローグとエピローグが年後の世界だったりするので
。難しいですね。ここでは。『君の名は。』の瀧?三葉?奥寺

天気の子瀧くんと三葉のネタバレ。ラストで瀧と三葉は再会するのですが。実はその後の人がどうなったか推察
できるシーンがあります。 映画天気の子の中盤までの時代設定は年です
ので。『君の名は。』のラストシーン

あのラストシーンは2022年の春、おそらく4月以降です。《「君の名は。」の時系列について》2013年9/2 瀧は初めて入れ替わりを体験し、三葉として目覚めました。9/3宮水家の朝の食卓のシーン。説明がなくいきなり9/2から9/3へと1日経過しているので混乱し易い一葉「今日は普通やの」四葉「昨日はやばかったもんな」学校にて「黄昏時」の授業。三葉はノートに「お前は誰だ?」の書き込みを発見。教室の黒板に9/3の表示あり昼休み時、早耶香「昨日は何か記憶喪失みたいだったよ」三葉「そういえばずっと変な夢を見とった様な気がするんやけど。」9/52度目の入れ替わりが発生し、三葉は瀧の部屋で目覚める。司からのメール。9/5 8:52 の表示あり瀧の高校に登校。放課後はバイト。奥寺先輩のスカート切り裂き縫い直し事件。夜、瀧の部屋にてノートの「お前は誰だ?」を思い出し、瀧の手のひらに「みつは」と書きこむ。9/6瀧は手のひらの「みつは」の文字とスマホへの三葉の書き込みに気づく。スマホ日記には「バイト帰りに奥寺先輩と駅まで一緒に帰った」とあり。学校の屋上にての司と高木との会話高木「あいつ、今日は普通だな…」司 「昨日は何か.かわいかった」バイトにて、同僚から昨日奥寺先輩と一緒に帰ったと詰め寄られる。これらから前日が9/5だとわかります。9/12瀧三葉として美術室にて「机蹴り飛ばし事件」三葉 瀧として瀧の父親の職場を訪問?映画内では、瀧のスマホ日記の題名に三葉の残した「東京生活4 お父様の職場訪問」があります。9/13瀧と三葉はお互いに入れ替わり現象に気付く10月2日 瀧 三葉と入れ替わり。 一葉おばぁちゃんと四葉と御神体の祠へ口噛み酒を奉納。?小説では、奉納日は「10月」とのみ記載。?しかし、10/3のデート日の設定は前日に三葉が設定したものでした。?ですので、口噛み酒の奉納日は10/2となります。?パンフレットvol.2にて新海監督も奉納日は10/2と明言しました。三葉 瀧と入れ替わり。 翌10/3を奥寺先輩とのデート日に設定。本当は2016年10/3映画内ではシーンは無し10月3日三葉 瀧と奥寺先輩とのデートが気になり東京へ行く本当は2016年10/3 東京の街頭テレビ大型ディスプレーに、 「ティアマト彗星、明日『最接近』」の文字があります。 東京の電車内で当時中2で14歳の瀧と出会う。初めての直接の対面瀧に「.誰?お前」と言われて、三葉は失恋勘違いしました。その日中に糸守町に帰り、一葉おばぁちゃんに髪を短髪に切ってもらいました。三葉は入れ替わりに3年のずれがある事に全く気付いていませんでした。10月4日三葉夏祭りの日。三葉は失恋勘違いのショックから、学校を2日続けて休みました。夕方頃、おそらく2日続けて休んだ事を心配したテッシーに「彗星が最も明るく見える日だから」と夏祭りに誘われました。20時42分、ティアマト彗星の隕石落下。糸守町壊滅。三葉らを含む糸守町の約1/3に当たる500名が死亡。彗星の隕石落下の日付は10/4日でした。それは、①映画で2人が初めて入れ替わった次の日 9/3つまり三葉が朝の食卓でご飯を自分で茶碗によそいながら呟いている場面のTVニュースの画面にて、ティアマト彗星の地球への最接近日が10/4にになっている事。②瀧が、歴史改変前は飛騨の図書館にて、また歴史改変後は地元の図書館にて、 「消えた糸守町?全記録」という本を開いた時、「2013年10/4日」に彗星落下とある事。などから確認できますよ。2016年10月2日 瀧 三葉に入れ替わり2013年の世界にいます。三葉瀧に入れ替わり翌日10/3を奥寺先輩とのデート日に設定しました。映画内ではシーン無し10月3日瀧 奥寺先輩とデート。デート後、三葉の残したメールを読む。「デートが終わる頃には彗星が見えるね」というメッセージ。 以後、入れ替わりが無くなり、瀧は三葉と交信が途絶える。10/下旬、ある週末小説版に記載あり瀧奥寺先輩と司と3人で飛騨地方へ糸守町探索の旅へ。糸守町の壊滅と三葉の死を知る。その後、単独行動をとり御神体の祠を探しあてる。三葉の口噛み酒を飲み、朝の時点の生存している三葉との入れ替わりに成功。歴史改変直前彗星災害の惨劇を回避すべく、瀧姿は三葉は朝から学校に行き、早矢香と勅使河原と糸守町全住民避難計画を進める。しかし計画の要である町長三葉の父親の説得に失敗する。また、この後の四葉の言葉から三葉が前日10/3に東京に行った事がわかります。瀧姿は三葉は町長の俊樹の説得に失敗した後、夏祭りの約束をしている小学生たちに避難を呼びかけるが、四葉にとがめられ、 「昨日は急に東京に行ってまうし…」との会話があり。そして瀧と三葉のカタワレ時黄昏時の同年齢高2?17歳での山頂の再会対面と別れ。瀧はやがて名前を思い出せないほど三葉の記憶が消失してしまいました。三葉が瀧から託された避難計画の1つの変電所爆破。同時に早矢香の偽避難指示放送が開始。しかし全住民避難は難航。本物の三葉は町長三葉の父親の説得に走る。この時に三葉は、すでに名前を思い出せないほど瀧の記憶が消失してしまっていました。糸守町の全住民避難成功。20時42分、ティアマト彗星の隕石落下。《歴史改変》三葉生存。死亡者0、負傷者104名糸守町の壊滅は変わらず。それから2016年10月下旬のご神体近くの山頂で瀧は目覚めました。2021年時の回想ではなぜか山頂で1夜を明かした事になっていました。2021年大学4年生となった瀧は就職活動に苦戦しています。司は8社、高木は2社の内定瀧と奥寺先輩のデートの日付はです。瀧が高木と司と喫茶店にいる時、奥寺先輩からかかってきたTELを確認したスマホの画面は「10月4日15:40」です。この後、瀧は奥寺先輩とデートする訳ですが、街頭のビルのディスプレイには「彗星災害から8年」となっています。これは、のティアマト彗星の隕石の落下から丁度8年目という記念日に当たっている事を表しています。そして雨が滴る中、瀧は就職活動中にファーストフード店らしきところで手帳を見ていましたよね。 店内には大人になったテッシーと早耶香もいた場面です。あの場面で瀧は、手帳を2021年11月から12月へとめくっていました。その12月の第1週の途中までの日程にx印がされていました。ですのであのシーンは2021年の12月になりますよ。普通の就職活動の時期は大学4年生時です。普通の大学4年生は22歳。この時、 瀧は22歳の大学4年生 三葉は25歳の社会人となっていました。※あくまでも参考ですが、「君の名は。」の漫画第3巻にて、三葉は東京の大学に合格し、卒業後に東京の会社に就職し、1人暮らしをしている描写があります。そして季節は巡り.2人が歩道橋ですれ違った雪降る冬を越え、桜らしき花びらが舞う春の季節となりました。そして2人は電車の窓越しでの再会を果たし階段でのラストシーンとなりました。この2人の再会が翌年の2022年とするならば…。瀧は23歳の社会人1年生三葉は26歳です。山頂でのカタワレ時の出会いと別れから三葉視点で9年実質8年半瀧視点で6年実質5年半もの月日が流れていました。ちなみに、現在公開中の「天気の子」にて2人が登場したのは、「君の名は。」のラストシーンの約8か月前となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です