扶養手当の支給要件の勘違いが多い例 問題は給付制限期間満

扶養手当の支給要件の勘違いが多い例 問題は給付制限期間満。扶養をはずし、社会保険資格喪失証をもらい市役所で。超夜更かしだったペリーが朝型人間になるために実行した問題は給付制限期間満了日が7月22日で有った事日額が3?612円以上で有った事の大切なこと35。健康保険扶養解除に関しての質問です

息子が体調不良(軽度の梗塞)で退職し4月から親の健康保険に扶養しております
失業保険の申請をしました 待機期間が終了し8月6日の認定日が終わり今月8月に1回目の振込みがあります

問題は給付制限期間満了日が7月22日で有った事、日額が3?612円以上で有った事、
扶養していた健康保険を解除していませんでした
日額3?612円以上でも3か月の給付なので大丈夫と思っていたのが間違いでした
しかも息子は親の扶養保険証で8月1日に病院にかかっております

すぐに扶養を外す手続きをしますがこの場合どのようなことになるのでしょうか
どなたか詳しい方、回答の程宜しくお願い致します 扶養手当の支給要件の勘違いが多い例。例1, 配偶者が雇用保険による基本手当を受給給付日数日,基本手当日額
,円することとなったが,年間見込答, 基本手当の日額が,円以上の
ため,手当受給中は扶養親族とすることはできない。したがって,基本手当の
日額にを乗じて得た額が,万円の分の以上である場合は,その期間中は
配偶者を扶養親族とすることはできません不安定な場合はヶ月平均の月額を
算出し,その月額が,円を超える場合は,学生であっても扶養親族に
はなれない

扶養をはずし、社会保険資格喪失証をもらい市役所で 国保加入保険証ができ次第、病院へ 保険証をもっていく8月中だと 問題はない。診察予定がなくても 保険証を持っていく8月中だと まだ、病院が医療費を請求していないのでなんとかなるってものですそれより遅くなれば、面倒になります一旦精算だと医療費の領収書が必要です。失業給付は病気理由の退職で給付制限?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です