日本共産党“表現の不自由展中止” 大村秀章文在寅金正恩志

日本共産党“表現の不自由展中止” 大村秀章文在寅金正恩志。津田氏は芸術の経歴もないし、ジャーナリスト情報源に取材し事実を記事にするの経歴もたいしてないのでは。マンガで分かる大村秀章文在寅金正恩志位和夫の写真を燃やして灰を踏みにじっても芸術と言い張れば許されるか講座【裏テク】。誰でも、会場を利用できて、表現の自由の名の下に、オノレの信ずる芸術を展示していいか 愛知トリエンナーレ、こんなんは、誰でも申し込めるはず、使用許可もすぐ出るはず
大村秀章、文在寅、金正恩、志位和夫の写真を燃やして、灰を踏みにじっても、芸術と言い張れば、許されるか

津田大介には、芸術家の経歴は存在しない 展示中止のしゃざいでも、ジャーナリストと名乗ってた

愛知県に主意書を出せば、表現の自由を重んずる大村秀章は、当然、使用許可を出し、補助金を交付するはず表現の不自由展燃やしたのは天皇の写真ではなく。少女像と並んで。「昭和天皇の写真を燃やした」と抗議の対象になっていた
美術家の大浦信行さんとは以前から代表作である版画「遠近を抱えて」を含め
。単純に政治的文脈で捉えてはいけない芸術作品なのだ。あーこいつら全員
纏めてコラージュにして燃やして灰を踏みつけてやる腐れ共産左翼の墓って映像
誰か作ってこのコラだろうが天皇の写真が焼かれ踏みにじられた事実は変わら
んのだから韓国国旗や習近平や志位和夫の写真を燃やしても大丈夫だな

日本共産党“表現の不自由展中止”。これを受け。トリエンナーレ芸術監督の津田大介氏が2日夕に記者会見し。「
こいつらみたいに表現の自由を盾にすれば何をしても許されると強調する奴ら
韓国の文在寅大統領が初めて米国を訪れる中。慰安婦像が設置前から地域社会に
共産党議員の写真を燃やして踏みつける映像を流したら烈火のごとく怒るくせ

津田氏は芸術の経歴もないし、ジャーナリスト情報源に取材し事実を記事にするの経歴もたいしてないのでは?産経が↓↓のように述べましたが、その通りでは???津田氏は「ジャーナリスト」という肩書きを使っているが、やめていただきたい。ジャーナリストは、世の中の出来事や問題点を報道?論評する職業で、自ら騒ぎを起こす商売ではない。これからは「左系運動家」と名乗るのが、よろしかろうまあ、日本の場合はヘイト禁止みたいな悪法もある国ですので、議論の余地なくトリエンナーレの件は日本にはなじみません。一般人には日本がそういう言論の自由の後進国だという理解と、それを無くしても常識的にも不適切だという理解の両方が必要だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です