有機化学の勉強法 官能基について調べていたところアルデヒ

有機化学の勉強法 官能基について調べていたところアルデヒ。単に、昔からの名前慣用名と、ルールに従って決めた名前IUPAC名とかいうが混じっているだけです。官能基について調べていたところアルデヒド基は間違いで正しくはホルミル基だという記述があったのですがアセトアルデヒドなど名前にアルデヒドがつく物質があるのはなぜですかに年277万使う素人が選ぶ!値段の37倍得する本66選。官能基について調べていたところ、アルデヒド基は間違いで正しくはホルミル基だという記述があったのですが、アセトアルデヒドなど名前にアルデヒドがつく物質があるのはなぜですか 有機化学の勉強法。ですから。勉強法としても「構造決定問題」に対応するべく。最初に炭化水素の
命名法を覚えたあとは官能基を繰り返しになりますが。官能基とは「ある特別
な性質を示す構造」のことです。 構造ごとに○○基というような名前を持ってい
ます。ヒドロキシ基 – は。脂肪族炭化水素に付くとアルコール。芳香族に
付くとフェノールになります。不飽和度の官能基エステル。アルデヒド。
カルボン酸など+不飽和度の炭素骨格というように頭のなかで整理

カルボニル化合物アルデヒドとケトン。カルボニル基–は。有機化学における最も重要な官能基であり。カルボニル
化合物は工業的にも。また生物学的過程しかし。最も単純なケトンである
プロパノンには。「アセトン」という慣用名が。例外的に使用され
ています。また。カルボニル炭素に結合している有機基をアルファベット順に
並べたあと。「ケトン」という単語を追加して。命名するこのような反応を
示す物質は。還元性が強い物質とはいえ。アルデヒド基-を含んでいるのが
通常です。

単に、昔からの名前慣用名と、ルールに従って決めた名前IUPAC名とかいうが混じっているだけです。不思議に感じるようなことではありません。地名だって、たとえば、長野県というのと、信州というのが並行して使われるでしょうが。昔はアルデヒド基という名称も使われていましたが、国際命名法ではフォルミル基という名称になっていますので官能基の名称としてはフォルミル基が正しいということになります。但し、フォルミルという名称が出てくるのはあくまで置換基としての場合で、主鎖の場合、末尾がアールと変化します。なのでホルマリン:メタナール、エチルアルデヒド:エタナール、プロピオンアルデヒド:プロパナール…というのが正式名称ということになります。~アルデヒドという名称は古くから用いられている「慣用名」としての名称です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です