1952年十勝沖地震 釧路帯広浦河苫小牧札幌の震度はどれ

1952年十勝沖地震 釧路帯広浦河苫小牧札幌の震度はどれ。その地震は、阪神淡路大震災兵庫県南部地震より前の地震ですから、一部の記録には体感震度が含まれていると思います。教授は探すものではなく、つくるもの。それが「釧路帯広浦河苫小牧札幌の震度はどれくらいになるでしょうか」【保存版】。1993 1 15に発生した釧路沖地震の規模が?8 3だった場合の各地の震度を想定してください よろしくお願いします (想像でも構いませんのでよろしくお願いいたします )

釧路、帯広、浦河、苫小牧、札幌の震度はどれくらいになるでしょうか

私の予測では釧路震度7 帯広6強~7(計測震度6 3~6 5)
浦河6弱~6強 広尾6強 浦幌町7
苫小牧5強(計測震度5 3前後)札幌5強(計測震度5 0)1952年十勝沖地震。この地震により全道で揺れを感じ。震度を浦河。帯広。本別。釧路で観測した
ほか。震度を札幌。函館。森町。小樽。岩見沢。富良野。苫小牧。日高門別。
根室で観測。震度を江差。倶知安。寿都。旭川。羽幌。留萌。網走。雄武。室蘭

【驚愕】宇宙と未来の釧路帯広浦河苫小牧札幌の震度はどれくらいになるでしょうかを目指す。。震度データベース検索。震度データベース検索 地震を検索 検索順震源の深さ ~ 地震の発生日時 。
~; 観測された震度 。 北海道 で 震度1以上
を観測; 検索結果地震数 。 地震 「地震の発生日時の新しい順」で検索 小北海道太平洋側東部で震度6弱。北海道 震度6弱 新冠町北星町* 静内町ときわ 浦河町潮見 鹿追町東町*仙台に
住んでいると地震通になるよな。 宮城北部帯広?釧路地域が東京?大阪並に
発達していたらやはり十勝川が長い年月をかけて運んだ泥炭の地層のせい
でしょうか。年の十勝沖地震で苫小牧の方で震度6経験して死ぬかと思って
。その後札幌東京と引っ越したけど。札幌や東京は地震が少ないから全然意識が
違う。

その地震は、阪神淡路大震災兵庫県南部地震より前の地震ですから、一部の記録には体感震度が含まれていると思います。 20:06:07.2M7.5 十勝南東沖北緯 42°55.0' 東経 144°21.0' 震源の深さ 100km北海道の震度記録震度6 釧路市幣舞町旧震度5 浦河町潮見旧 帯広市東4条 広尾町並木通震度4 函館市美原旧 小樽市勝納町 室蘭市山手町旧 苫小牧市しらかば 根室市弥栄震度3 札幌中央区北2条 倶知安町南1条 岩見沢市5条 旭川市8条通 網走市台町 紋別市南が丘町旧震度2 檜山江差町姥神 寿都町新栄旧 羽幌町南3条 留萌市大町旧 雄武町雄武旧震度1 宗谷枝幸町本町旧 しかも太平洋プレート面にある捻じれ構造のため、プレート境界に楕円球面が存在することから、東北地方の太平洋側沖に副次的な仮想震源が生じ、そのために東北地方の沿岸付近では震度3まで観測しています。また震源そのものが100kmと深いのも副次的な仮想震源が生じる原因となっており、かなり特殊なケースの地震だったと言えるでしょうね。プレート境界面による楕円球面効果は反映できませんが、北海道内だけなら近距離であり、それほど大きな誤差もないと考えられますので、試算結果を示しておきます。震度6.2 43.000 144.700 厚岸町尾幌震度6.2 42.983 144.383 釧路市幸町震度6.2 42.983 144.383 釧路市幣舞町震度6.1 42.900 143.833 釧路市音別町尺別震度6.0 43.300 143.767 足寄町上螺湾震度6.0 43.133 143.617 本別通報所震度6.0 43.117 143.617 本別町北2丁目震度5.9 43.483 144.433 弟子屈町美里震度5.9 43.083 145.167 浜中町湯沸震度5.7 43.583 144.717 中標津町養老牛震度5.7 43.400 145.117 別海町常盤震度5.7 42.917 143.217 帯広市東4条震度5.7 42.617 143.367 幕別町忠類明和震度5.6 43.367 143.200 糠平通報所震度5.5 43.817 144.100 美幌町東3条震度5.5 43.817 143.917 北見通報所震度5.5 43.817 143.900 北見市公園町震度5.5 43.783 143.617 北見市留辺蘂町上町震度5.5 43.333 145.583 根室市弥栄震度5.5 43.017 142.883 十勝清水町南4条震度5.4 43.917 144.667 斜里町本町震度5.4 43.917 144.200 女満別出張所震度5.4 43.783 145.000 標津町古多糠震度5.4 42.300 143.317 広尾町並木通震度5.4 42.283 143.300 広尾町白樺通震度5.3 44.017 144.283 網走市台町震度5.3 43.967 143.900 北見市常呂町吉野震度5.3 43.367 145.733 根室市豊里震度5.2 43.933 145.117 羅臼町春日震度5.2 43.167 142.583 南富良野町幾寅震度5.1 44.017 143.350 遠軽町丸瀬布金湧山震度5.1 43.817 142.850 上川町白川震度5.1 42.283 142.750 浦河町野深震度5.1 42.017 143.150 えりも町本町震度5.0 43.883 142.750 上川地方上川町越路震度5.0 43.450 142.467 上富良野町大町震度5.0 43.350 142.383 富良野市若松町震度5.0 43.333 142.400 富良野通報所震度5.0 42.783 142.367 平取町仁世宇震度5.0 42.167 142.783 浦河町潮見震度4.9 42.417 142.467 新ひだか町静内御園震度4.8 44.350 143.350 紋別市南が丘町震度4.8 43.767 142.367 旭川市8条通震度4.8 43.750 142.367 旭川市宮前1条震度4.8 43.500 142.217 芦別市旭町震度4.8 42.350 142.367 新ひだか町静内山手町震度4.8 42.350 142.367 新ひだか町静内ときわ町震度4.7 44.117 142.600 士別市朝日町震度4.7 43.033 141.967 夕張通報所震度4.7 43.033 141.967 夕張市若菜震度4.7 42.600 142.133 平取町本町2震度4.6 43.567 141.950 滝川通報所震度4.6 43.550 141.917 滝川市大町震度4.6 43.333 141.850 美唄市西5条震度4.6 43.333 141.850 美唄市西4条震度4.6 42.617 141.917 厚真町鹿沼震度4.6 42.517 142.033 日高門別通報所震度4.5 44.183 142.400 士別市東6条震度4.5 43.900 142.100 鷹泊通報所震度4.5 43.800 141.950 石狩沼田通報所震度4.5 43.217 141.783 岩見沢市5条震度4.4 44.583 142.967 雄武町雄武震度4.4 44.367 142.450 名寄通報所震度4.4 44.350 142.467 名寄市大通震度4.4 42.833 141.633 千歳市北栄震度4.4 42.783 141.683 新千歳空港震度4.3 43.750 141.717 北竜町竜西震度4.3 43.100 141.533 江別市高砂町震度4.3 42.850 141.450 恵庭市漁平震度4.3 42.633 141.617 苫小牧市末広町震度4.3 42.617 141.550 苫小牧市しらかば震度4.2 43.950 141.633 留萌市大町震度4.2 43.283 141.417 石狩市聚富震度4.2 43.167 141.317 石狩市花川震度4.2 43.067 141.333 札幌中央区北2条震度4.1 44.400 141.850 初山別村有明震度4.1 42.550 141.350 白老町大町震度4.0 44.967 142.583 宗谷枝幸町岬町震度4.0 44.933 142.583 宗谷枝幸町本町震度4.0 44.367 141.700 羽幌町南3条震度4.0 43.183 141.017 小樽市勝納町震度4.0 42.467 141.033 登別市鉱山震度3.9 44.433 141.417 羽幌町焼尻震度3.9 43.200 140.783 余市町朝日町震度3.9 42.900 140.750 倶知安町南1条震度3.9 42.567 140.900 壮瞥町滝之町震度3.9 42.567 140.850 壮瞥町壮瞥温泉震度3.9 42.467 140.883 胆振伊達市梅本震度3.9 42.317 140.983 室蘭市山手町震度3.8 42.983 140.517 岩内町高台震度3.8 41.883 141.033 函館市尾札部町震度3.7 45.317 141.900 稚内市恵北震度3.7 43.350 140.467 積丹町日司町震度3.7 42.100 140.583 渡島森町御幸町震度3.7 42.100 140.567 渡島森町上台町震度3.7 42.067 140.583 渡島森町姫川震度3.7 41.900 140.683 七飯町桜町震度3.7 41.817 140.750 函館市美原震度3.7 41.383 141.050 むつ市大畑町奥薬研震度3.7 41.283 141.217 むつ市金曲震度3.7 41.267 141.333 東通村砂子又蒲谷地震度3.6 45.417 141.683 稚内市開運震度3.6 45.417 141.667 稚内公園震度3.6 45.133 141.300 利尻富士町鬼脇震度3.6 42.800 140.217 寿都町新栄震度3.6 42.200 140.250 八雲町大新震度3.6 42.117 140.367 八雲町上の湯震度3.6 41.000 141.367 六ヶ所村出戸震度3.6 40.967 141.367 六ヶ所村尾駮震度3.5 42.650 140.033 島牧村江ノ島震度3.5 41.867 140.133 檜山江差町姥神震度3.5 41.533 140.417 知内町小谷石震度3.5 40.933 140.950 平内町小湊震度3.5 40.783 141.067 七戸町北天間舘震度3.5 40.533 141.517 八戸市湊町震度3.5 40.417 141.717 岩手洋野町種市● ?8.3を想定した場合の震度分布※ プレート境界面にある楕円球体面の効果は考慮していません深さ101㎞で起きた、プレート内地震ですね。細かく揺れる揺れを出すタイプの地震です。震度分布は気象庁の震度データベースで確認できます震度観測点が少ない時代ですね。地震が大きくなると断層面が大きくなり、震源のそばでは大きく震度が変わることが考えられます。ですので、どういう断層面なのかを決めないと、震度分布は求められません。おおまかな目安としては、地震本部の強震動予測地図の作り方のうち、簡便法を参考にするのがよいでしょう。平成17年の報告書の分冊2で解説されています。簡便法を使ったおおまかな計算では、マグニチュードが1大きくなると、観測される速度波形の最大値が約3倍になり、震度が1大きくなります。有感の範囲も広がるでしょう。知恵袋には不正確な回答が多いので、注意が必要です。プレート境界面による楕円球面効果というものは存在しません世界でこの話をしているのはたった一人です。副次的な仮想震源というのも存在しません世界でこの話をしているのはたった一人です。断層面を考える場面で震源を点や線で仮定して震度分布を求めても、誤差は大きいでしょうね。やれやれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です