30年後の地球に北極圏はない 20年後40年後の日本は温

30年後の地球に北極圏はない 20年後40年後の日本は温。「昭和の、真夏は、30℃になる事は少なかった」は間違っています。数千冊は読書したオタクが勧める、あなたの20年後40年後の日本は温暖化で真夏は40℃が当たり前になりますかを変えるかもしれない54冊。昭和の、真夏は、30℃になる事は少なかったそうです

平成の始め~半ばも???今より、涼しかったそうです 江戸時代も、涼しかったらしい

20年後、40年後の日本は、温暖化で真夏は、40℃が当たり前に、なりますか

それとも、何かして、温度は、下がりますか 科学の力、バイオの力、化石エネルギーを使わないとか

想像ですが、どうなんだろうね

また、地球は滅びるとか コラム。これを見たあなたは。今から何をしますか?コミュニケーターに押さえてお
いてもらいたい温暖化の最新情報℃特別報告書年間に世界の平均気温が
℃上昇としていましたが。「最新情報では地球温暖化により。産業革命前に
比べて気温が数年の排出が続くと。℃上昇までにあと年で到達として
おり。これを踏襲するような内容といえます。最後に。昨年年の夏。
日本でも℃以上が相次ぎ。「災害級の暑さ」に見舞われました。

【完全保存版】意外? それとも順当? 8287年「はてなブックマーク 年間ランキング」。20年後40年後の日本は温暖化で真夏は40℃が当たり前になりますかの画像をすべて見る。100年後の当たり前は''セミが鳴く入学式''。真夏は人台クーラーを持ち歩かないと出かけられないくらい暑かったり。
では。将来食べられなくなってしまう果物や魚もあるってことですか?最近の
日本の夏は℃を超える「猛暑日」が増えていますが。将来は℃を超える夏が
当たり前になって地球温暖化による気温の上昇に伴い。より強い雨が降ったり
。台風の数は減るけれどより強くなる。という予測はありますね。環境省。このまま有効な対策を執らずに地球温暖化が進行すると。年頃からの平均
気温が最大℃上昇すると予測されています。本動画は。気候変動政府間パネル
第次評価報告書の[]と[]

30年後の地球に北極圏はない。いまから年後には多くの都市が居住不可能になり。人々の移住が激増する──
。年後の地球に北極圏はない?による。世界の気温はすでに産業化以前
から℃上昇していることを示した月の報告書[日本語版記事]は。どれも
共通し地球温暖化は「現在進行形の変化」を引き起こしていると。ランセット
の論文は警告する。大学「気候と社会」国際研究センターに所属する開発援助
専門家であるジョン?ファーロウは。「年にわたって報告を続ける

「昭和の、真夏は、30℃になる事は少なかった」は間違っています。東京の8月の日最高気温の月平均値は、昭和20年31.3℃、昭和30年30.2℃、昭和40年30.8℃、昭和50年31.5℃、昭和60年31.6℃ です。昭和の真夏は30℃を超える日は普通にありました。江戸時代が今よりも、涼しかったのは1850年以前が太陽活動が不活発になって、小氷期だったためです。20年後、40年後の日本は、温暖化せず、真夏は、40℃が当たり前になりません。温暖化の原因はCO2ではありませんから、今後は温暖化しません。太陽活動が200年ぶりに大幅に低下して、25年後は1~2度寒冷化している見込みです。太陽活動による200年周期、1000年周期、太平洋十年規模振動、大西洋数十年規模振動による65年周期で気温は変動します。温度は自然に下がります。科学の力、バイオの力、化石エネルギーは温度と無関係です。地球は滅びません。過去100年で地磁気は10%減少しました。あと500年位で78万年前に起きた地磁気逆転が生じる見込みです。一時的に地磁気が大きく減りますから、宇宙線が増え、スベンスマルク効果による雲が日射を遮って、78万年前と同様に3度低下します。1000年後には1000年おきに太陽活動が特に活発になることで現れる温暖期になります。2000年前のローマ温暖期、1000年前の中世温暖期、現在の現代温暖期はそのような例です。2000~7000年後にはミランコビッチ?サイクルによる北半球高緯度の日射が現在、極小値となっていることの影響が出てきて、9万年続く氷期となり、7度下がります。海面は120m下がります。ミランコビッチ?サイクルは地球の公転の離心率、地軸の傾き、歳差の周期で決まります。9万年後、ミランコビッチ?サイクルは極大期となり、1~1.5万年続く間氷期になります。気温は現在並みですが、ピーク時は6000年前のように現在よりも2度高くなります。数百万年後、銀河の中心に対して公転する太陽系は銀河の腕を抜けて、超新星爆発による宇宙線が大幅に減りますから、スベンスマルク効果により雲が大幅に減って、氷河期が終わり、気温は7度上昇します。南極とグリーンランドの氷床は全て融けて、寒帯がなくなり、海面は67m上昇します。およそ1億年に一度の確率で、恐竜を絶滅させたような直径10km級の小天体が衝突します。火山の火砕流のような数百度の熱風が地球全体に吹いて、地上のものを焼き尽くします。その後、成層圏まで巻き上げられた膨大なエアロゾルが日射を妨げ、夏でも雪が降るほど、一時的に寒冷化します。海に落ちると、高さ300mの超巨大津波が沿岸を襲います。1.5億年ごとに公転する太陽系は銀河の腕に入り、超新星爆発による宇宙線が増えてスベンスマルク効果により雲が増え、氷河期となります。40億年後、アンドロメダ銀河はわが天の川銀河と衝突、合体し、ガス雲が圧縮されて、恒星が爆発的に誕生する、スターバーストが起こります。大質量星は短い寿命を終えて次々に超新星爆発を起こし、地球に猛烈な量の宇宙線が降り注ぎ、スベンスマルク効果で雲が地球を覆い、地表はー50度となって、7億年前、23億年前のような全球凍結が起こります。全球凍結は超新星爆発による宇宙線が少なくなると終わります。50億年後、寿命が尽きかけた太陽は赤色巨星となって地球の公転軌道の近くまで膨張し、地上を焼き尽くします。以前は地球は赤色巨星となった太陽に飲み込まれるとされていましたが、最近は太陽がガスを放出して質量が減るため、地球の公転軌道が大きくなり、太陽に吸収されないというのが定説になっています。53億年後、太陽は恒星としての寿命を終えて白色矮星となり、日射はわずかになって、地球は極寒の世界になります。低炭素社会に移行するのがカギとなるでしょう。気温が一辺倒に上がるということはないと思いますが、夏場の人間活動にはすでに影響も出てますね。 工場では40度越えもあり、労働者も大変でしょう。こういった技術は昔から色々と聞きますが、いつの間にか消えてなくなるケースも多いと感じます。しかし、人任せでなく我々自身も考えないといけない時代だと思います。想像が、そうなのですよね?普通の人に想像を尋ねる意味が判りません。笑→縄文時代?は、もっと暑かったんじゃあないですか?ね?道路のアスファルト舗装やビル群ビジネス街、飲食の繁華街等の乱立でエアコンの稼働率が都市部に、地方も砂利道が舗装され地中に水分が還元と蓄積出来ないなど、それに、中華人民協和国の工場群や途上国の化石燃料に依る環境に配慮しない、生産の実態とフロンガス放出に依るオゾン層破壊で生じるブラックホールの原因は大国、中華人民共和国との調査結果も、地球温暖化の要因ではないか?アスファルト舗装の表面温度は60℃にもなるのに、冷却の対策すら行政、国を挙げて取り組むべき急務な対策と思うが?例えば、再生水源の活用は日々人間が生活している以上、排出される汚水の処理水の浄化水準は高度化しており、只闇雲に河川へ放流するだけでなく、貯水した上に、上水と区別して、中央分離帯や中央線に放水口の設置で真夏日の打ち水や、積雪時の融解作用に期待が出来る、塩化カリウムの使用を抑え放熱や路面の凍結回避に役立たせては如何か?北陸石川県か富山県では地下水が豊富な為、道路の凍結防止に活用されているじゃないか!この発想を活かそうと言う議論は議員は出来ないのかね?資源を捨てるだけが、先進国では無い筈だろうに?国民の代表らの着眼点がずれまくってると思うが?そうですね今日は40度ですしねいつになったら雨が降ったり風が吹いたりすることやら.涼しくなるといいのにねあと、原因としては温暖化だけでなく、アスファルト道路の普及、ビルやマンションなどの反射熱が増えたなどもあるでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です