OPINIONデフレ克服の処方箋 その結果更にデフレに落

OPINIONデフレ克服の処方箋 その結果更にデフレに落。その通りですが。5499円台で飲める、本当に美味しいその結果更にデフレに落ち込んで福祉などと言っていられない???。消費税増税などとんでもないだろ デフレ状況で、これ以上税金を上げたら益々消費は冷え込みますよ
その結果、更にデフレに落ち込んで福祉などと言っていられない???
ひょっとすると、政府はこれを狙ってるのかも
もしそうならば、どうしようもない政権ですね 第1章。そのため。経済政策のレジーム転換が景気回復やデフレ脱却を後押しする中で。
中長期的な視点から。財政健全化のための税がともに大幅に減少し。年度
以降には改善の動きも見られるものの。その落ち込んだ分をほとんど取り戻せ
ていない。そのため。我が国の社会保障制度においては。社会保障給付の財源
に一定の公費を投入する制度となっている。の落ち込みなどの影響で。フロー
の財政赤字が長期にわたって続いている結果。債務残高対比が上昇傾向に
あり。

OPINIONデフレ克服の処方箋。そこで。インフレ?ターゲット論に対する批判。これに対する反論。インフレ?
ターゲットの論拠などについて整理してさらに。その結果。個人消費や民間
投資に翳りが拡がり成長軌道が下方屈折する一方。企業業績の悪化や資産価格の
低下このようにみると。金融と実体経済の中立性命題は一定条件のもとで成立
する理論であり。普遍性はないといえよう。このようにみると。金融政策より
も。むしろ財政政策の活用こそデフレ打開の中核と位置付けられる。その結果更にデフレに落ち込んで福祉などと言っていられない???の画像をすべて見る。

その通りですが 添付画像の筋が 必死に安倍政権を支えて国民資産を奪い取ろうとしていますつまり 知恵袋で 「安倍政権は国民のためにならない」と宣伝しているのです一問一答Q増税したねらいはなんですか? 国の借金が膨れ上がる下地は、田中角栄内閣の頃からできあがっています。そして利権を守ろうとする官僚組織の抵抗があります。 過去にも福田赳夫 中曽根康弘、 橋本龍太郎 など歴代の首相が行政改革に取り組もうとしましたが激しい官僚の抵抗がありました。その結果、国の借金はとんでもない額に膨れ上がってしまったのです。これらは全て国民負担としてのしかかってくる危険をはらんでいます。 方策としては2つあり1つが増税 もう一つがインフレです。インフレを引き起こせば国の借金は実質的に棒引きできるからです。 現在は「デフレ脱却」「円高是正」などと言葉が行き交っておりますが、そうでない頃デフレと言われていないころはインフレを引き起こすことはとんでもない政策として国民の間に広く認識されていました。官僚も政治家も口に出せないタブーでした。そんなことをすれば不謹慎のそしりを招き、あるいは選挙で負けるからです。しかし、21世紀に入りデフレ社会、円高などの状況になりだんだん国民の感覚が麻痺してきました。デフレは、会社の収益に響くので失業率増加の原因になります。 円高は輸入する業者は得をして輸入製品を安く買えるメリットがある一方で、転売するだけなので雇用の増加にはつながりにくい面があります。この不満をこれ幸いと、国民にジワジワと負担増の形で舵を切ろうとしているのがアベノミクスです。 背後にいるのは財務官僚です。民主党政権時の野田氏を説得して消費税増税を強行させ、自民党公明党との三党合意のお膳立てをして民主党から自民党への政権交代を果たした後でも増税路線を維持できるようにします。そして景気条項をクリアさせるために失業率改善の名目で、日銀総裁を財務省OBに交代させて紙幣を大量に発行してインフレと円安に持ち込みます。これでお金の価値が下がり、国民の預金の価値も下がりますが、失業と不景気で感覚を麻痺している国民はこの弊害に気が付かなくなっています。2013年表向き「4~6月の景気動向を見て10月に消費税8%増税を決める」とされていましたが、参議院選挙の時は態度を保留して選挙の不利にならないように考えられた深慮遠謀です。 官僚の利権も問題ですが、このような問題を認識せずに「増税は仕方がない」と思い込む日本人の民度の低さが問題なのです。このままでは増税が続き日本人の生活が苦しくなり景気が悪くなるのは明白ですQ消費税は何に使われているのですか? 建前は増加する社会保障費に対応するためです。しかし、事実ではありません。特定の目的に使うのであれば特定財源にされますが、消費税は一般会計に繰り入れられて個人所得税や法人税と同じ財布に入ります。 即ち、上記の官僚利権で増え続ける国の借金に対応するためでしかありありません。 豊臣秀吉の刀狩りで、方広寺の釘になると理由をつけておきながら実際には一揆防止のためだったように建前と本音は違うのです。 同じ一般会計なら 法人税減税など論外Q消費税増税を決めた責任を民主党に押し付けて良いのですか? 違います。背後に財務省官僚がおり民主党、自民党、公明党に根回しをしました。つまり3党は共犯関係です。むしろ増税の後押しをした直接の責任は自民党です。 民主党野田佳彦政権時は景気条項があって完全な決定ではありません。完全決定したのは安倍晋三政権です。Q増税した結果のよかったことありますか?ありません。上記の通り官僚の利権は完全に維持されており、さらに社会保障制度のためでもありません。よく北欧に比べて日本は消費税が安いと言いますが、北欧は相続税がなかったり医療費や学費が完全無料だけでなく、寮生活の大学生には日本円で月10万円以上の補助金が出ます。重税分は福祉で還元されていますが、日本は25000人の天下り官僚がおり、4000を超える特殊法人や公益法人に天下りをして仕事をしない彼らに生涯で億を超える役員報酬が税金から支払われます。このような利権が国の財政を傾けているために、北欧ではありえない相続税増税や医療負担引き上げも行われましたQ増税しないと国債の信用が落ちるんですか?いいえ。日本の証券市場も為替市場も債券市場も売買代金は外国人の方が格段に割合が高いのです。アベノミクスの金融緩和で低金利で円安にすればドル建て資産基準で考えれば為替損が発生するため当然国債はマイナス金利になります。故に日銀が買い支える以外に国債の需給を維持する方法はないと言う最悪のスパイラルになります。日銀は悪意で国民の借金踏み倒し政策をしていますがこれぞ国債の信用を落とす真の原因ですほとんどの政策が一部の人間だけが優遇されるもので、日本の今後の繁栄を考えているとは思えません。税金に関してもそうです。ほとんどの日本国民が知らない間に、高額所得者の税金はこの30年間で大幅に下げられてきました。信じがたい話かもしれないが、ピーク時に比べて40%も減税されてきたのです。バブル崩壊後の日本は景気が低迷し、それに少子高齢化も進んだため、我々は消費税の増税や社会保険料の負担増に苦しんできました。「だったら当然、富裕層の税金も上がっているんだろう」と思っている人が多いと思います。しかし、そうではありません。実は富裕層の税金は、ずっと下がりっぱなしなのです。その減税の内容を説明しましょう。所得が1億円の場合の税率1980年 所得税75% 住民税13% 合計88%2015年 所得税45% 住民税10% 合計55%このように所得が1億円の人の場合、1980年では所得税率は75%だった。しかし86年には70%に、87年には60%、89年には50%、そして現在は45%にまで下げられたのです。そればかりではありません。住民税の税率も、ピーク時には18%だったが、いまでは10%となっています。このため、最高額で26.7兆円もあった所得税の税収は、2009年には12.6兆円にまで激減しています。国は、税源不足を喧伝して消費税の増税を計画しているが、そのいっぽうで、富裕層の税金は半減させているのです。なぜなら、富裕層による政治への働きかけが大きくモノを言っているからです。富裕層は圧力団体を使って、政治献金をちらつかせることで、税制を自分たちに有利なように導いてきたのです。そもそも税金の役割とは何でしょうか。①公共サービスの財源②所得再分配③景気の変動を抑制する安定化装置ビルトインスタビライザー無論、税金には公共インフラや社会保障、防衛、防災、防犯といった安全保障のための公共サービス支出のための「財源」という役割もあります。しかし、それだけではありません所得再分配やビルトインスタビライザー機能についても、極めて重要な税金の役割です。社会において所得格差が拡大する、あるいは極端な好景気、極端な不景気が国家のためによろしくないことは、誰にでも理解できます。所得再分配やビルトインスタビライザーとしての税金の機能が、公共サービスの財源という「以上に」重要であることは、否定しがたい事実です。そういう意味で、「消費税」という税金は、所得が高い層に軽く、低い層に重く、格差拡大をもたらす逆累進課税であり、かつビルトインスタビライザーの機能が働かない「欠陥がある税金」であることに間違いありません。デフレ状況下において、消費に税をかけるなんてナンセンスです。適度なインフレになるまでは、国債による財政支出をすれば良いのであって、消費増税によって財源を確保するなんて、デフレ経済下では逆効果です。ますます景気は冷え込み、経済は縮小します。必要なものは買うし、必要でないものは買わない。これまで通り。消費税増税法が成立したのは野田政権民主=立憲民主+国民民主の時。2012年の三党合意。?2014年4月 8%?2015年10月 10% 反対政党は、共産、社民、自由当時なかま。安倍政権?8%:法律通りに2014年4月実施?10%①2014年11月 法追加で2017年4月に延期②2016年6月 法追加で2019年10月に延期2016年5月民進党:消費税増税再延期は無責任、総辞職すべきだ>更にデフレに落ち込んで福祉などと言っていられない???ひょっとすると、政府はこれを狙ってるのかも?もしそう思うならば、君の頭はどうしようもないですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です